会社の人間関係を変えて売上アップを実現する方法

チームの「嵐」を乗り越えて、結果をだすチームに成長するためには・・・・・?

人間関係を変えて

売上を上げる方法   Vol.869

 

 

チームビルディングで

人間関係を変えて売上を上げる!

組織づくりコンサルタントの初瀬川です。

 

 

 

前回のブログの続きで

意見の対立が起こる

ストーミング期の乗り越え方について

今日は書いていきます。

 

 

 

前回のブログで

チームが成長する段階は4つあると

書きました。

 

 

形成期 フォーミング

 

 

混乱期 ストーミング

 

 

規範期 ノーミング

 

 

変態期 トランスフォーミング

 

 

詳しくは

前回のブログを参照してください。

 

 

チームの勝利の裏にある「成功へのプロセス」とは・・・・?

 

 

さて、

この4つの段階で

メンバーが一番不安になるのが

ストーミング期であり、

 

ここをどう乗り超えるか?

 

これが

チームを次の段階へ成長させる

カギとなります。

 

 

ストーミング期は

意見の対立がおこり、

結果も出ず

誰しも辛~くなる時期です。

 

 

 

ただでさえ

辛い状態の時に

相手の意見を否定する

ことばかりしていると

なかなかストーミングを

超えることができず、

 

 

結局

フォーミングに立ち戻る

ことになってしまいます。

 

 

つまり

 

無難な解決におさまってしまい

特に変化のない状態に

とどまってしまうと

いうことです。

 

 

これでは

せっかくのチームの成長を

つぶしてしまいます。

 

 

 

ストーミング時は

問題が表面化した状態です。

 

イメージは

海に浮かぶ氷山の

見えなかった部分が

海の上に顔をだした状態です。

 

 

 

つまり

今までチームの中に眠っていた

課題を解決する機会です。

 

 

言葉で言うと

 

 

ピンチはチャンス!

 

 

という感じでしょうか!

 

 

 

さて、

このストーミングの時に

とても重要なことがあります。

 

 

それは

 

 

チームの中に

 

心理的安全性

 

これがうまれているかどうか?

 

 

 

もう少し簡単に言うと

 

何を言っても

否定されない場

 

 

 

こんなことを

言ったらチームメイトから

馬鹿にされないだろうか

 

 

リーダーから

叱られないだろうか

 

 

といった

不安をチームの

メンバーから払拭することが

できているのか?

 

 

こういった

他者への配慮や共感、

心遣いや同情といった

 

いわゆる

メンタル的な要素を

チームメイトみんなが

意識できている場

 

 

これを作り出すことが

何よりも重要です。

 

 

 

ちなみに

このことは、

グーグルの検証結果でも

証明されています。

 

 

 

グーグルが突きとめた!

社員の「生産性」を高める唯一の方法はこうだ

 

 

 

さらに

このことを

言語化している人がいます。

 

 

社)日本キャッシュフローコーチ協会の

代表理事である、和仁 達也さんです。

 

 

 

和仁さんが

常に塾生に言っている言葉があります。

 

 

それが

 

 

 

安心・安全・ポジティブな場

 

 

という言葉

 

 

組織で成果をだすために

必要なことは

 

 

この

 

安心・安全・ポジティブな場を

組織の中に作り出せるか?

 

 

ここにかかっていると

和仁さんはいつもおっしゃっています。

 

 

ちなみに

 

安心・安全・ポジティブな場

 

 

これを

すべて反対の意味で考えると

 

 

不安・危険・ネガティブな場

 

 

となります。

 

 

 

もし自分のいる

チームの雰囲気が

不安・危険・ネガティブな状態で

あったとしたらどうでしょう?

 

 

思い切って

自分の意見を言えるでしょうか?

 

 

 

きっと

一部の人しか

話さない場になっちゃいますよね・・・・・

 

 

 

 

先ほどの

リンク先のグーグルの

検証結果にもありますが、

 

 

たとえば

一つのチーム内で

誰か一人だけ喋りまくって、

他のチームメイトがほとんど

黙り込んでいるチームは失敗する。

 

 

逆にチームメイト全員が

ほぼ同じ時間だけ

発言するチームは成功するという。

 

 

それは暗黙のルールとして、

そのような決まりを押し付けるのではなく、

 

むしろ、

 

自然にそうなるような雰囲気が、

チーム内で醸成されることが

重要なのだという。

 

 

 

つまり

チームの問題に対して

自分の意見を言うからこそ

 

問題が「他人事」から

「自分事」化していきます。

 

 

そして

自分の意見を言っても

 

否定されない

 

安心して聞いてもらえる

 

受け入れてもらえる

 

 

つまり

 

チームの雰囲気が、

 

意見を言う場が、

 

 

安心・安全・ポジティブな場に

なっているか?

 

 

安心・安全・ポジティブな場であれば

思い切って自分の意見を

いうことができると

いうことです。

 

 

これこそが

ストーミングを乗り越えるために

最も必要なことです。

 

 

 

チーム作りでは

必ずこのストーミングが

訪れます。

 

 

 

そんな時に

ここをどうやって

乗り越えていくのか?

 

 

うわべだけの

いわゆる

「偽りの平和」である

フォーミング期のチームに

もどるのか?

 

 

ストーミングを

乗り越えて、結果をだすチームに

成長するのか?

 

 

ここは

チームメイトぞれぞれが

 

 

安心・安全・ポジティブな場をつくる

 

 

ここを意識して

行動できているかどうかに

かかっています!

 

 

 

ご参考までに

 

 

 

 

会社の人間関係をかえて

売上アップを実現するセミナー

7月24日(火)に福井で開催します。

 

ご興味のある方は

こちらよりお申込みください。

⇒ セミナー申し込み

 

皆様の

ご参加をお待ちしています!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ご質問等は

こちらからご連絡ください。

⇒ ご質問はこちらをクリック

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ミッション

1社でも多く「場当たり経営」から脱却させる!

経営理念(パッション)

関わるすべての企業が

「場当たり経営」から脱却するまで、

本気で向き合い続ける!

 

ビジョン

社長は自社の社員を誇り、

社員は会社の目指すビジョンのため、

その向こう側にいるお客様のために

誇りを持って働く!

そんな会社が「当たり前」に存在する世の中にする!

 

 

合同会社マネジメントパートナー福井

福井社労士事務所

代表 初瀬川 達郎

〒910-0017

福井県福井市文京6丁目24-23 2F

TEL:0776-97-5635

Mail:info@fsrs.jp

矢印上下

会社の人間関係を変えて売上をあげたい社長はこちらから

 

 

このブログをメルマガでも

お伝えしています。

ご興味のある方は

下記リンクよりご登録ください!

矢印上下

「場当たり経営から脱却する」組織づくりの方法

メルマガ登録はこちらから

 

 

 


コメントを残す

2018年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031