会社の人間関係を変えて売上アップを実現する組織改善研究所

チームワークではなく、チームビルディングが必要なワケとは・・・?

人間関係を変えて

売上を上げる方法   Vol.1023

 

 

チームビルディングで

人間関係を変えて売上を上げる!

組織づくりコンサルタントの

初瀬川です。

 

 

今なぜ

チームビルディングが必要なのか?

 

 

今日はそんな話です。

 

 

前回のブログで

想定外のことが起きることを

想定内にしておくこと

 

 

これが

その後に起こる「ロス」を

小さくすることにつながる。

 

 

そんな話を書きました。

 

 

 

「想定外」の出来事も、「想定内」のことと考えていますか・・・・?

 

 

とはいえですよ。

 

 

想定外のことまで

なかなか計画できない・・・・

 

 

頭ではわかるけど

実際にはできない・・・・

 

 

これが現実かもしれません。

 

 

 

じゃあ

想定外のことが起きた時に

どうすればいいのか・・・?

 

 

 

その答えは・・・・

 

 

チームビルディングを発揮できる

組織創りを普段から行っているかどうか?

 

 

ここにかかっています!

 

 

 

少し話は

それますが、

 

チームワークという言葉は

知っていますよね。

 

 

チームワークとは、

 

チームとして

やるべきことがあり、

そのやるべきことを達成するために

人の関係性を作っていく。

 

これがチームワークです。

 

 

対して

チームビルディングとは、

 

チーム内にすでに

人の関係性ができており

その中でやることをあてはめていく。

 

これがチームビルディングです。

 

 

 

チームワークは、

やることに焦点があたっており

 

 

チームビルディングは、

人に焦点があたっています。

 

 

この二つは

どちらが良い、悪いではありません。

 

 

性質の違いです。

 

 

 

何をすればいいか?

答えがわかっている場合であれば

チームワークのほうが

結果がでるかもしれません。

 

 

 

でも

前回のブログで書いたように

想定外のことが起きるのが

今の世の中です。

 

 

 

企業間での取引で考えると

少し前まではうまくいってたものが

今はまったく役に立たない・・・・

 

 

そんなことが

普通に起きる時代です。

 

 

だから

何をやっても

必ずしも答えがあるわけではない。

 

 

そんな時代だからこそ

想定外のことが常に起きます。

 

 

想定外のことに対処するには

チーム内にいる人達の関係性が

できている必要があります。

 

 

 

ここでいう関係性とは、

 

 

自分と他人は違うことを意識し、

他者の強みを活かすことを

意識できていること

 

 

そして

言いたいことを

言いあえる状態であること

 

 

これを指しています。

 

 

 

この状態が

チーム内にできていれば

想定外のことが起きても

対処していくことが

できるようになります。

 

 

 

なぜか?

 

 

誰しもが

言いたいことを言えるということは

全員の合意をとりやすく、全員の

ベクトルを一つにしやすいこと。

 

 

自分の強みを活かせることで

それぞれが主体的に動けること。

 

 

例えば

こういったことが

自然とできている状態だからです。

 

 

 

そう考えていくと

今の世の中にあっているのは

 

チームワークよりも

チームビルディングです。

 

 

組織の中に

常にチームビルディングを発揮できる

状態を作り上げていくこと

 

 

これが

現場レベルで考えると

想定外のことに対処できる

唯一の方法なのかもしれませんね。

 

 

 

チームビルディングが

当たり前の世の中へ・・・・

 

 

 

私はそう信じて

同じ志を持つ仲間とともに

チームビルディングが発揮できる

組織創りを支援しています。

 

 

 

ご参考までに

 

 

 


お問い合わせ

会社名 福井社労士事務所
住所 〒910-0017
福井県福井市文京6丁目24-23 詩季店舗2階
営業時間 10:00〜18:00
定休日 土・日・祝日

コメントを残す

カテゴリー

2020年8月
« 7月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31