『事業承継後の悩みを人事で解決!100社が成功したSSR理論とは?』
チームで売上アップさせる 仕組み専門家 初瀬川 達郎

「知っている」から「できる」までいくために必要なものは・・・・?

Vol.250

 

 

脱!エースで4番

チームで売上アップさせる仕組み専門家

初瀬川です

 

 

 

今日は

今年最後のゴルフに

行ってきました。

 

 

 

天気もよくて

気持ちのいい1日でした

 

 

 

だけど

スコアは・・・・・

 

 

 

実は今

新しいスイングづくりに

取り組んでました

 

 

 

前までのスイングが

イマイチというわけでは

なかったのですが

 

 

 

調子が

悪くなってきた時に

いいキッカケだったので

思い切って新しいことに

取り組んでみました

 

 

 

 

だけどね・・・・

 

 

 

当たり前だけど

うまくいかんのですわ・・・・・

 

 

 

練習では

いい当たりをしていたから

このやり方でも

うまくいくやろ!

 

 

 

と思ってましたが

 

 

 

本番になると

まったくできない・・・・

 

 

 

 

ということで

散々な結果で

シーズン終了を迎えました泣き顔

 

 

 

 

人の成長には

ステップがあります

 

 

 

知らない状態から

知っている状態へ

 

 

知っている状態から

やってみる状態へ

 

 

やってみる状態から

わかる状態へ

 

 

わかる状態から

できる状態へ

 

 

できる状態から

している状態へ

 

 

 

ここまでこないと

本当の変化は訪れません。

 

 

 

図にすると

こんな感じです。

 

 

 

 

 

今回の

私の状態でいうと

 

 

 

知っているから

やってみる

 

 

 

この状態です

 

 

 

だから

うまくできません

 

 

 

まずは

 

 

やってみる状態から

わかる状態になる

 

 

 

ここまでには

練習と経験がいります

 

 

 

そして

 

 

わかる状態から

できる状態になる

 

 

これにも

練習と経験が必要です

 

 

 

最後に

できる状態から

している状態になる

 

 

 

これは

無意識でも

自然とできてしまう状態なので

 

 

 

これまた

練習と経験が必要です

 

 

 

 

結局のところ

 

 

練習不足と経験不足なので

うまくできないだけ

 

 

 

ということです

 

 

 

 

これって

当たり前のことなんだけど

 

 

人は「知っている状態」になると

 

 

なぜか

一気に「できる状態」になったと

勘違いしてしまうことがあります

 

 

 

 

会社の中のマネジメントでも

似たようなことが起きています

 

 

 

 

教えることで

相手が「知っている状態」になると

すぐ「できる状態」になると

思ってしまう

 

 

 

 

もちろん

その人がもつリソースによっては

早くわかる人やできる人も

いるでしょう

 

 

 

 

だけど

会社では

すぐにわからない人やできない人が

ほとんどです

 

 

 

「できる」までいくためには

常に練習と経験が必要であり

 

 

 

ここに

どれだけ時間と労力

 

 

 

いわゆる

コストをさけるか・・・・

 

 

 

 

上司も部下も

同じだけコストをかけれるかで

部下の成長速度が

違ってきます

 

 

 

 

今日のまとめ

 

 

 

「知っている」から

「できる」になるためには

それ相応の時間と労力が必要!

 

 

人は

すぐ「できる」ようにはならない!

 

 

しばらく

シーズンオフなので

しっかりとまずは

「練習」して

 

 

オフの間に

「わかる」状態までは

いきたいな・・・・・・

 

 

 

今日も

ありがとうございました

 

 

 


お問い合わせ

会社名 福井社労士事務所
住所 〒910-0017
福井県福井市文京6丁目24-23 詩季店舗2階
営業時間 10:00〜18:00
定休日 土・日・祝日

カテゴリー

2024年2月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829