会社の人間関係を変えて売上アップを実現する方法

今だけじゃなく、未来を仮説して決めていますか・・・・?

人間関係と

ビジネスモデルに

革新を生みだす方法  Vol.645

 

 

 

福井で唯一

人間関係とビジネスモデルに

革新を生みだす社会保険労務士!

初瀬川です。

 

 

 

 

 

今日は

ご支援先の幹部社員の方と

個別面談を行わせて

いただきました。

 

 

 

 

面談といっても

半分ぐらいはその方の愚痴でした。

 

 

 

 

でも

その愚痴の中にこそ

その組織の本当の問題を

知ることができます。

 

 

 

 

自分が望む方向性を

他の幹部に否定されて

しまうんです・・・

 

 

 

 

こんなことを

おっしゃってました。

 

 

 

 

幹部同士で

意見が対立することは

当たり前です。

 

 

 

ただ、

そのほとんどが

今に縛られて

判断してしまっています。

 

 

 

 

どういうことかと言うと

 

 

人は

時間軸で考えることが

苦手です。

 

 

 

どうしても

「今」の基準で考えてしまいます。

 

 

 

「未来」を仮説して

考えることができない・・・・

 

 

 

 

未来を仮説し、

 

今、これを行うことで

得られるメリット

 

 

今、これを行うことが

未来にどういう影響を

与えるのか?

 

 

これを

考えないといけない。

 

 

 

 

 

今回の件でいうと

 

 

今、新しく戦略に取組むことで

短期的な売上はあがる。

 

 

ただ・・・

取組むことで

未来の売上はダウンする

おそれがある。

 

 

そして

そのせいで

 

今いる人、

 

今ある金、物に

 

与える影響が大きくなる

おそれがある。

 

 

 

 

この2つを

考えながら

最終的にどう行動すると

決めるのか?

 

 

 

 

何が適切で

何が適切でないのか?

 

 

 

 

今と未来の

時間の軸を考えて判断していく。

 

 

 

物事を決める時には

時間軸を意識して

 

今だけの状況にとらわれず、

 

取組む物事を行うことで

どうなっていくのか?

 

 

 

ここまで仮説を立てる。

 

 

そして・・・・

 

 

最終的に決める!

 

 

 

どうしても

今にとらわれてしまうと

誤った判断をしがちです。

 

 

経営者であれば

日々、仮説し決めることをやっているので

これができるのですが、

 

社員の立場であれば

どうしても今だけの状況で

判断しがちです。

 

 

 

なので

こういう時は経営者が

 

 

何が適切で

何が適切でないのか?

 

 

示して上げることが大事です。

 

 

 

 

ご参考までに

 

 

 

 

しかし・・・・

 

 

今回も

難しい話に

なってしまいました・・・・あせあせ (飛び散る汗)

 

 

 

 

難しいことをわかりやすく・・・

 

 

 

なかなか

難しいですね。

 

 

 

 

人間関係と

ビジネスモデルに

革新を生みだす社会保険労務士!

 

矢印上下

 

会社の「仕組みづくり」にご興味がある方はこちらもどうぞ

 

 


コメントを残す

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031