会社の人間関係を変えて売上アップを実現する組織改善研究所

教育 = 成果 にならない理由とは?

社員数10人からの
中小零細企業の社長のための
人と資金の問題を解決する方法 Vol.325

 

 

 

人財育成、組織の仕組化、資金繰りの

問題を解決する福井の社会保険労務士!

初瀬川です。

 

 

 

 

研修をやっても

何も変わらないのは

社内がそういう

「構造」だからです。

 

 

 

 

社員を

研修に行かせても

結局何も変わりませんでした。

 

 

 

 

クライアントさんから

よく聞く言葉です。

 

 

 

 

社員に知識やノウハウを

身につけてもらって

それを社内で実践してほしい!

 

 

 

 

経営者であれば

誰しもが思うことです。

 

 

 

そういう想いから

高い研修費をだして

期待をこめて社員に

研修に行ってもらうのですが・・・・

 

 

 

多くの場合

経営者が

思った以上の効果って

そんなにはないんじゃないかな~と

思うんです。

 

 

 

 

そして

 

せっかくお金だして

行かせたのに意味なかったよ~たらーっ (汗)

 

 

こういう結果に終わってしまう。

 

 

 

 

なぜこういうことになるんでしょうか?

 

 

 

 

それは・・・

 

 

組織を変えるには

その元の「構造」を変えないと

いけないからです。

 

 

 

 

社員さんの

教育目的

知識を学んできてもらうだけで

あれば、研修に行かせる意味は

十分あります。

 

 

 

ただ、

多くの場合、

 

 

この人に組織を任せたい!

 

 

この部署を引っ張っていって

業績をあげてほしい!

 

 

将来的には

社を背負ってたつ存在になってほしい!

 

 

だから

結果をだしてほしい!

 

 

 

経営者は

こういう想いなのでは

ないでしょうか?

 

 

 

 

 

ここにギャップがあるんです!

 

 

 

教育 = 成果にはならない

 

ということです。

 

ダウンロード

 

 

 

 

成果をあげるためには

生半可なことではできません。

 

 

 

社員が知識やノウハウを

学ぶだけでは足りないんです。

 

 

 

 

なぜなら

その部署やチームには

今までの「構造」がすでに

出来上がっているからです。

 

 

 

 

成果を上げるには

この部署やチームの「構造」自体を

変えないといけないんです。

 

 

 

リーダーが知識を学んでも

構造を変えなければ

何も変わりません。

 

 

 

だから

もし経営者が

部署やチームの「成果」を

求めているのであれば、

 

 

組織の構造を変える!

 

 

 

 

構造を変えるとは、

 

今までのやり方を

0ベースで見直し、

 

新しいリーダーのもと

何度も会議やミーティングを行い、

新しい仕組を作っていく!

 

 

 

 

これは本当に大変です。

 

 

 

そして

成果がでるまでには

時間もかかります。

 

images

 

だけど
大変だからこそ

取り組んだ結果、

成果が出るんです!

 

 

 

 

社員を

研修に行かせただけでは

組織は変わらない。

 

 

今の「構造」を

根本的に変えるために

チーム全員でリーダーと

一緒に取り組む!

 

 

そうする事で

 

 

教育 = 成果

 

 

ダウンロード (1)

 

 

この構造になります。

 

 

 

ご参考までに

 

 


 

社員10人からの
会社の人と資金の問題を解決する、
唯一の社会保険労務士!

 

HPリニューアルしました!

 

矢印上下

 

会社の「仕組みづくり」にご興味がある方はこちらもどうぞ!


お問い合わせ

会社名 福井社労士事務所
住所 〒910-0017
福井県福井市文京6丁目24-23 詩季店舗2階
営業時間 10:00〜18:00
定休日 土・日・祝日

コメントを残す

カテゴリー

2022年12月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031