会社の人間関係を変えて売上アップを実現する方法

インフルエンザ対策は、自分達が「状況」を共有するからできるんです!

人間関係を変えて

売上を上げる方法   Vol.1076

 

 

チームビルディングで

人間関係を変えて売上を上げる!

組織づくりコンサルタントの

初瀬川です。

 

 

現場で起きている問題を

解決していくには・・・・?

 

今日はそんな話です。

 

 

ここ最近

インフルエンザが流行っていますね。

 

 

 

 

うちの娘の保育園でも

下の娘のクラスは半数以上が

インフルエンザで休んでいますたらーっ (汗)

 

 

私の周りでも

こうやって子供から感染して

インフルエンザになっている人が

多くなってきました。

 

 

 

気を付けないと

いけないですね・・・・

 

 

 

保育園や小学校では

インフルエンザにかかる子供が

多くなってくると学級閉鎖に

なることがあります。

 

 

 

これ以上感染者を増やさない措置です。

 

 

 

感染者が増えるのは

感染している人がそこにいるから。

 

 

だったら

一旦その基を断てばいい。

 

 

だから

全員を登校させない。

 

 

 

今、現場で起きている状態を

全員で共有し、即対応する!

 

 

 

これ以上感染者を増やさない

現場レベルで行う、とても

いい措置だと思います。

 

 

 

組織の問題も同じです。

 

 

そこに起きている根本の問題を

解決していかなければ

同じ問題が再度繰り返し起こります。

 

 

表面上だけ

解決したとしても

同じことが起きます。

 

 

 

そして

 

根本の問題を

解決していくのに必要なのが、

情報を共有することではなくて、

状況を共有することです。

 

 

 

これは

私がチームビルディングを教わっている

石見さんから学ばせていただいたことです。

 

 

 

 

情報を共有するとは

 

 

今の自分達は○○という状態です。

 

 

という

「状態」を共有しているだけです。

 

 

 

対して

 

状況を共有するとは

 

 

 

目の前で起きていることを

自分達はどう認識し、

 

そして

それをどう判断しているか?

 

 

現場の「状態」を

今の自分達にはどういうことなのか?を

「判断」するところまでを共有している。

 

 

 

問題解決には

情報を共有するだけでは不十分!

 

状況を共有することで

問題解決が進んでいく!

 

 

 

インフルエンザの対策も

自分達が今の状況を認識し、

起きていることを「判断」できているから

基を断つ対策をとることができます。

 

 

 

 

組織の問題も

そこで起きている問題を

自分達はどう「認識」し、

 

 

今の状態が望ましいのか?

望ましくないのか?

 

自分達は

どう「判断」していくか?

 

 

状況を共有していくことが

問題解決には必要なことです。

 

 

 

 

「情報」を共有するのではなく、

「状況」を共有する!

 

 

 

ご参考までに

 

 

 

しばらくは

うがい、手洗い、加湿が欠かせないですね・・・・・

 

 

 

 


お問い合わせ

会社名 福井社労士事務所
住所 〒910-0017
福井県福井市文京6丁目24-23 詩季店舗2階
営業時間 10:00〜18:00
定休日 土・日・祝日

コメントを残す

カテゴリー

2019年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031