会社の人間関係を変えて売上アップを実現する方法

研修後の行動にもフォーカスしていきます!

 

人間関係と

ビジネスモデルに

革新を生みだす方法  Vol.606

 

 

 

福井で唯一

人間関係とビジネスモデルに

革新を生みだす社会保険労務士!

初瀬川です。

 

 

 

研修後の
行動にフォーカスしていきます!

 

 

 

私がクライアントさんに
ご提供している研修の
メインは幹部社員研修です。

 

 

 

それで

今回新たなメニューを
追加することにしました。

 

 

それは

 

自分(幹部社員)の
クレドカードを作る!

 

ということです。

 

 

 

クレドとは

 

ラテン語で

「志」「信条」「約束」を

意味する言葉です。

 

マネジメントにおいては

「経営理念」を表わす言葉として

定着しています。

 

 

 

一般的には

クレドを作る目的は

会社の経営理念を

浸透させるために

使うことが多いです。

 

 

 

ただ今回は

 

研修を受けた受講生が

学んだことを実践するための

行動指針を作る!

 

 

これが

目的です。

 

そのための

クレドをつくります。

 

 

 

研修を受けて
何かが劇的に変わるということは
ありません。

 

 

 

研修を受けて
それを実践するから
結果がでるので、

 

 

研修を受けた後に
どうするか?

 

 

ここから先は

 

自分たちで仕組みを作って
実践する!

 

しかないのです。

 

 

 

ちなみに
ここのサポートを
するのがコンサルティングです。

 

 

 

さて、
知識とスキルを
お伝えするのが研修です。

 

 

 

学校でいうところの
授業ですね。

 

 

 

授業だけでは
テストで良い点を
取れないように

 

 

 

会社も同じです。

 

 

 

研修受けただけで
それを社内で実践しなければ
なんにもなりません。

 

 

 

だからと言って
研修を受けても、何も変わらない

 

 

 

と言われるのも
研修をする側としては
寂しくも感じます。

 

 

 

 

そこで
今回の内容です。

 

 

 

 

これは
全国で活躍されてている
研修講師の濱野さんから
アドバイスいただきました。

 

 

 

研修を
研修で終わらせない仕組み。

 

 

 

研修後に
学んだことを
今後どう活かすのか?

 

 

これを
いつでも見れる
クレドカードに落とし込む。

 

 

 

例えば

 

部下の話を聞くとき

 

 

まずは相手の意見を
聴く(受け止める)
自分の意見を言うのは
それからにする。

 

 

等、

自分の行動指針を

カードに示しておきます。

 

 

 

そして

 

出来上がったカードを

 

 

常に身につける

 

 

常に見える位置に置く

 

 

朝礼で復唱する

 

 

 

等々、

 

 

こうする事で
学んだことを

常に意識することができます。

 

 

 

 

何もないと
人はすぐ忘れますから。

 

 

 

 

そして
毎日カードを見ることで
自分の中に
刷り込まれていきます。

 

 

 

刷り込まれていくことで
いずれはカードを見なくても
できるようになります。

 

 

 

 

そしたら
また新たな取り組みを
カードに書く。

 

 

 

 

こんな感じで
研修でも
行動を継続する仕組みを
作ることを今後行っていきます。

 

 

 

 

宣言みたいな
ブログになっちゃいましたがたらーっ (汗)

 

 

 

日曜日なのでお許しを。

 

 

 

 

 

人間関係と

ビジネスモデルに

革新を生みだす社会保険労務士!

 

矢印上下

会社の「仕組みづくり」にご興味がある方はこちらもどうぞ

 

 


お問い合わせ

会社名 福井社労士事務所
住所 〒910-0017
福井県福井市文京6丁目24-23 詩季店舗2階
営業時間 10:00〜18:00
定休日 土・日・祝日

コメントを残す

カテゴリー

2019年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930