会社の人間関係を変えて売上アップを実現する組織改善研究所

ただ漠然とやっていても成果はあがらない・・・・!?

100年続く会社づくりに

挑戦し続ける方法

Vol.1523

 

チームビルディング×人事制度×経営数字の

「3つの仕組み」で100年続く

企業創りに挑戦し続ける!

 

炎の組織づくりコンサルタントの初瀬川です。

 

 

 

意識するこで

成果があがる!

 

 

今日はそんな話です。

 

 

 

先日は

筋トレのために

ジムに行ってきました。

 

 

 

想像以上に

弱っていたという話は

少し前にブログにも書きました。

 

 

「できた」レベルを「できている」レベルに引き上げるためには・・・・?

 

 

継続していないから

もとに戻ってしまう。

 

 

こんな話です。

 

 

 

だけど

トレーナーさんと話していましたが、

例えもとに戻ったとしても

空いている期間が短いのであれば

以前よりも早く筋力が戻るそうです。

 

 

 

なぜか・・・・?

 

 

 

以前

経験しているからです。

 

 

 

どこを

どう使えばパワーがでるのか?

 

 

どこをどう意識して

動かせば鍛えることができるのか?

 

 

 

以前

1年半繰りかえし鍛えたという

経験があるから

意識するポイントがわかり、

そこに力を入れることで

効率的に鍛えることができるようになります。

 

 

だから

早く元の筋力に戻すことができる。

 

 

 

鍛えたい場所を意識しながら

トレーニングすることで

漠然とただトレーニングしているより

はるかに効果があがるということです。

 

 

 

こういうことって

経験の中で感覚的に

身につけていくものです。

 

 

言われるだけでは

なかなかわからないんですよね・・・・・

 

 

 

何度も言われて

繰り返しやりながら

どこかで

 

 

あ、

この感覚ね!

 

 

わかるようになります。

 

 

 

こういったものを

「再現性」といいます。

 

 

 

だから

意識することを

繰り返しやることで

再現性を身につけていくことが

できるようになります。

 

 

 

マネジメントでも

同じ事が言えます。

 

 

 

漠然と仕事をするのではなく、

 

 

今やっている仕事を通して

どういった能力を身につけることができるのか?

 

 

こう意識できると

確実に仕事の成果があがります。

 

 

 

ただ・・・・・

 

 

これを

自分でできるといいのですが、

現実には難しいかもしれません。

 

 

 

なので

仕事の現場においては

上司が部下に声をかけてあげると

いいでしょう。

 

 

筋トレで

トレーナーが

生徒に声をかけてヒントを

与えてくれるように

 

 

上司が部下に

自分の仕事を通して

どういったことを身につけてほしいのか?

 

 

何を意識して

仕事をしてほしいのか?

 

 

 

部下が仕事の中で

意識できるように

声がけをしてあげる。

 

 

仕事中でも

個人面談の時でも

できるだけ意識できるように

声をかけ続けることで

部下が自然に意識できるようになっていければ

部下の成果はあがっていきます。

 

 

 

仕事は

漠然とやるのではなく、

意識しながらやることで

成果があがる!

 

 

 

 

ご参考までに

 


お問い合わせ

会社名 福井社労士事務所
住所 〒910-0017
福井県福井市文京6丁目24-23 詩季店舗2階
営業時間 10:00〜18:00
定休日 土・日・祝日

コメントを残す

カテゴリー

2020年12月
« 11月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031