会社の人間関係を変えて売上アップを実現する組織改善研究所

「失客」の理由は、単に「行きづらくなっている」だけ・・・!?

人間関係を変えて

売上を上げる方法   Vol.1285

 

 

チームビルディングで

人間関係を変えて売上を上げる!

組織づくりコンサルタントの

初瀬川です。

 

 

 

先日

ある美容室の経営者の方が

こんな話をされていました。

 

 

 

DMを出し続けるのって

大事ですね・・・・

 

 

過去に来店してくれてた人が

また来店してくれました!

 

 

 

 

こんな話です。

 

 

 

美容室では

お客さんが来なくなることを

「失客」と言うのが一般的です。

 

 

失客すれば

当然売り上げは下がります。

 

 

だから

失客しないために

どうするか?

 

 

ここが

美容室を経営していく上で

重要なポイントの一つです。

 

 

 

でもですよ・・・・

 

 

 

 

失客しないための戦術を行うことは

大事なことですが、だからといって

全てをコントロールできるものでは

ありません。

 

 

 

例えば

 

 

病気になってしまったから

行けなくなった

 

 

住む場所が変わったから

行けなくなった

 

 

近くに新しい美容室ができたから

ちょっと行ってみたくなった

 

 

 

等々・・・

 

 

お客さん側に

行けない事情や

環境や気持ちの変化が

うまれることはありえます。

 

 

 

だから

ある程度の失客は

見込んで経営をしていかないと

いけないわけでもありますが・・・・

 

 

先の事情等で

一度は美容室にこなくなったお客さんって

その美容室が嫌だから

来なくなったのでしょうか?

 

 

 

違いますよね。

 

 

 

自分達の事情で

来なくなっただけです。

 

 

 

じゃあ、

その事情が解決したら

また来店してくれるのか?というと

そうでもありません。

 

 

 

なぜ、

来店しないのか?

 

 

単純に

 

 

行きづらくなっている・・・・・

 

 

これが

理由の一つではないでしょうか?

 

 

 

 

しばらく空いたから

なんか思われるの嫌だな・・・・・・

 

 

違うお店に一度行ってみたけど

やっぱりあそこのお店がいいけど

浮気されたと思われるのも嫌だな・・・・・

 

 

例えば

こういった理由で

行きづらくなっているだけかも

しれません。

 

 

 

例えば

 

私だったら

いくつかの経営者の会に入っていますが、

 

すべての会に

毎回参加するのは難しいと思っていて

 

どこかの会の活動をメインとしながら

それ以外はできるだけ参加しようという

スタンスで今はやっています。

 

 

 

ただ・・・・

 

 

できるだけ

参加しようとなると

どうしても参加頻度は落ちます。

 

 

参加頻度がおちれば

会に参加しない期間が長くなります。

 

 

参加しない期間が空くと

「行きづらく」感じてしまいます。

 

 

別に

他の人は何も気にしては

いないのですが、

勝手に自分が

行きづらさを感じてしまっている。

 

 

 

行きづらいから行かない・・・・

 

 

 

おそらく

この感じに近いんじゃないでしょうか?

 

 

 

 

つまり

行きたくないから行かないんじゃなくて

単に行きづらくなっているだけと

いうことです。

 

 

 

じゃあ、

これを解決していくには?

 

 

 

 

相手を気にしているという

メッセージを何かしらの形で送る

 

電話でも

メールでも

SNSを使っても

ハガキでも

DMでも

 

 

手段はなんでもいいと思います。

 

 

 

あなたのことを

待っています!

 

また会いたいです!

 

例えば

こんなメッセージを

相手に1回でも伝えることができれば、

 

 

自分のことを気にしてくれている

 

 

相手は思ってくれるようになります。

 

 

 

大事なのは

 

 

ひと手間をかけること

 

 

です。

 

 

 

例えば

 

 

DMもありきたりの

商品紹介のDMが来ても

すぐゴミ箱行きですたらーっ (汗)

 

 

メールも

定型文が送られてきても

既読スルーですたらーっ (汗)

 

 

 

ちゃんと

あなたのことを思っていることを

伝えるのであれば、

 

 

ひと手間かけて

 

アナログでも

デジタルでも

その人のことを

思った文章を書く!伝える!

 

 

長い文章である必要はありません。

 

 

短い文章でも

「ひと手間」がかかったものであれば

相手に響きます。

 

 

あとは

 

 

これを継続しておこなっていけるか?

 

 

 

1回こっきりでは

相手の目に触れないかも

しれません。

 

 

 

なので

ひと手間かけたものを

定期的に送り続けれるかどうかも

大事なポイントの一つです。

 

 

 

ご参考までに

 

 

 


お問い合わせ

会社名 福井社労士事務所
住所 〒910-0017
福井県福井市文京6丁目24-23 詩季店舗2階
営業時間 10:00〜18:00
定休日 土・日・祝日

コメントを残す

カテゴリー

2019年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031